【名古屋観光】美味しすぎる名古屋グルメに初日から胃袋崩壊

PVアクセスランキング にほんブログ村

太平洋フェリーが出港するのは名古屋から。

という事で初日は名古屋へ行ってきました。

十年ちょっと前に少しだけ住んでいたこともあり、懐かしい名古屋へ行けるのは嬉しいおまけです。

船の出港は19:00なので、朝早くから出発して、半日名古屋を堪能することに。。♩

目次

大阪から2時間半。あっという間の名古屋へのバスの旅

大阪駅桜橋口を出てすぐの高架下。

こちらからバスに乗って名古屋へ連れてって貰います。

近鉄もありでしたが、お値段、アクセス、時間をトータルで見た時に今回はこちらにしようと言うことで。

やっぱりバスはお安いですね◯

派手目なシートに、USBでの充電もでき、十分な設備でございました。

滋賀県で途中、可愛いらしい丘と景色の素敵なサービスエリアに一度立ち寄ってのトイレ&リフレッシュ休憩を挟み

2時間半ほどで名古屋駅へ。

ブログを書いて昼寝をしてたら、あっという間に到着です。

名古屋市内を観光。目的はもちろんグルメ旅。

多少の土地勘はあるとはいえ、住んでいたのはもうずいぶん前の話。

若干の迷子になりながら、地下鉄東山線に乗り栄駅へ。

懐かしのセントラルパーク、オアシス21、テレビ塔なんかを軽く散策しつつ

第一の目的地である多門亭へ!!

素敵な古民家&お手頃価格で美味しいひつまぶしを頂くなら多門亭

健康にいい美味しいお店を知れる


女性ホルモン、セルフケアについての考え方が参考になる

こちらではお手頃価格で美味しいひつまぶし鰻丼が頂けるとのこと。

口コミもアクセスも◎だったので数あるひつまぶしのお店からこちらをチョイス。

栄駅からは徒歩15分ほどで到着できます。

日傘をさして歩けば、うん、なんとか行けるくらい。

道中、むかし職場の先輩に連れて行って貰っていたどて煮おでんの居酒屋ラブリーを発見。

ラブリーらしからぬ渋い出立ちのこのお店、好きだったな。また来た時はお邪魔しよう。

他にも美味しそうなタイ料理屋さんやパン屋さんなんかを横目に、多門亭をまっすぐに目指します

見えてきた姿は、前情報どおりの蔦(つた)に覆われた甲子園を彷彿とさせる佇まい

うーん。好きな感じ。

生い茂る蔦の中に入口を発見。

そろそろと入ってみると、なんとも明るく元気のいい美人女将さんがお出迎えしてくれました。

靴を脱いで店内へ。

古き良き古民家といった感じで、懐かしくてくつろげる空間

メニューは鰻だけでも、ひつまぶしの種類がいろいろとあったり、鰻丼、ひつまぶしのおにぎり、限定定食などなど種類豊富。

今回は一番人気だと教えて頂いた、上ひつまぶし(¥2,700)とお茶漬けなしのひつまぶし(¥1,500)を注文しました。

ひつまぶしは人生2回目。

前回は何故か大阪の百貨店で食べた記憶が。。

という訳で本場で食べるのは初めまして。

あー、これは美味しい

ふだん鰻を好んで食べることのない私も、鰻好きの気持ちを秒で理解出来てしまったお味。

添えられているお吸い物やお漬物も上品で本格的。これは流行る訳です。

葱とわさびの薬味をのっけて食べると、更に美味しい。

葱とわさびも、実はあんまり好きではなく、特にわさびは美味しさ初体験。

わさびが美味しいって、こういうことね。

最後はお出汁を入れて、さらりと頂きました。

食べ歩きには、やっぱり大須商店街

多門亭からは歩くとなかなかの距離があったのでびゅんっとタクシーで大須商店街まで。

食べたいお店はしっかりピックアップしてきたので、ぶらぶらしながら目的地のお店へ向かいます。

最初にお邪魔したのは昔の矢場とん

味噌おでんの食べ歩きなら昔の矢場とん

こちらの店舗では、がっつり定食以外にも単品で頼めて、センベロ出来るのがいいところ。

みそおでんの卵と大根をシェアして、私はプラスお豆腐ソフト。

旦那さんは味噌カツ一串と瓶ビール。

テーブルに運ばれてきたのは、びっくりするほど黒くて大きな大根

すっかり出汁文化に馴染んでいる私たちにとって、十日は煮込んだよね。。?と言う濃さと染み具合のこれには驚愕です。

しかし、食べてみるとこの濃さと甘辛い味噌がいい

ぺろりと平らげて次のお店へ。

大須名物、李さんの唐揚げは唐揚げだけじゃない

次に目指したのは李さんの唐揚げ

大須では有名な唐揚げ屋さん。

ここの唐揚げ、というより、唐揚げにかかっているスパイスが癖になって癖になって。。

今お肉は食べていないので私はスルーするつもりが、旦那さんが行きたいとのことで同行。

教えたのは昔の私だから仕方ない。

いざ到着してみると、唐揚げ以外にもイカ団子海老団子がある!!

なんとこちらのメニューにも、あの大好きなスパイスをかけて頂けるとのこと。

海老団子も美味しそうだけど、衣の脂が凄そうなので丸くて可愛いイカ団子を注文。

あー、この味ー!!!

癖になるー!!

なんかパプリカパウダーとチリパウダーと何かと何かが入ってる感じ。

辛いだけじゃなくて、ちょっとの苦味と独特の風味があるのです。

これは調べて家で再現したいなーなんて思いつつ、こちらもペロリ。

名古屋の喫茶店はコメダだけじゃない。コンパルがおすすめ!

ここでだいぶと満たされた我々は喫茶店でゆっくりしようと言う事に。

喫茶店文化も盛んな名古屋。

ここは有名なあの店へ。

喫茶店コンパル

事前に見ていたこの昔ながらの店内とサンドイッチが堪らない。

まあまあお腹は満たされてるけど、せっかくだしー、ここでしか食べれないしー、まだ食べれるっしょ。

と言うことで、これが後に大変なことになるとはつゆ知らず、名物の海老フライサンドを注文。

文句なしの美味しさ。大満足。ご馳走でした。

食べすぎ禁物。初日から反省

大須を後にして名古屋港のフェリー乗り場へ。

名古屋港と名が付いているので何の疑いもなく、名古屋港駅へ向かう私たち。

しかし電車で行くなら、名古屋駅からはあおなみ線に乗って野跡駅に行かなければならなかったそう。それに気づいたのは、もう名古屋港駅についてから(涙)

タクシーのおじちゃんに、名古屋港駅から出てるバスでも行けるよー!一時間に一本なのが残念だけど。との情報を貰い、次回の参考にしようと心に留めつつ、あっという間に到着。

17:30には到着して、余裕の乗船手続き。よかったよかった。

しかしその頃よくなかったのは私の胃袋

名古屋港に向かう地下鉄の時点で嫌な予感は始まり、持っていた胃薬を飲んだものの、時すでに遅し。

収まる様子のない胃の不快感と若干のひりひり感。

実は今月頭の誕生日に爆食いした時も胃が大変なことになっていたのです。

今回これでも気をつけてた方だけど、、やっぱりだめでした(涙)

という訳で、乗船後しばらく苦しみ、二時間ほどでなんとか復活。

晩ごはんはもちろん抜きで、船内を散策します。

甲板に出るとちょうど綺麗な夜景が。

夜風に当たってより気分もすっきり。

船内の素敵な大浴場にチャポンと浸かり

食べ過ぎは禁物と改めて肝に銘じつつ、数日後の北海道への教訓として1日目は終了です。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログ村ランキングに参加しています。 いつも応援クリックありがとうございます☺︎
Asumi
自然と動物がだいすきな筆者が楽しみながらエシカルな暮らしを送るなかで、気づきや学び、出来事やアイデアをゆるっと綴っています☺︎
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる