〝お探し物は図書室まで〟《仕事に、人生に、悩んだ時に読むべき一冊》

PVアクセスランキング にほんブログ村

〝お探し物は図書室まで〟と言う本が
最近本屋さんにたくさん並んでいて気になっているんだけど
一体どんな内容なんだろう?
読んでみたい気もするけど、自分にも合うのかな?
どんなお話なのか、ざっくり知りたいよー

2021年本屋大賞にノミネートされ、今話題の一冊〝お探し物は図書室まで〟

今回はこちらの本を実際に読んだ、私asumiがレビューしていきます◯

目次

〝お探し物は図書室まで〟はこんな人におすすめ!

この本では、年代、仕事、バックグラウンドがばらばらな、5人の人生を一つの章ごとに描き

それぞれが持つ、人生や仕事に対して抱える悩みや葛藤を

とある図書室で出会った司書さんの紹介によって手にした本をきっかけに

新たな人生の選択肢を自ら見出し、再び歩き出していく。。と言うストーリー。

仕事と人生について描かれたこの本は、こんな方におすすめ◯

  • 今、仕事について悩んでいる方
  • 今送っている人生、このままで良いのかな?と不安に思っている方
  • 新しく何かにチャレンジしたいけど、一歩が踏みだせない方
  • なんとなくモヤモヤした日々を送っている方

この本では、今そんな悩みを抱える方に、寄り添ってくれるストーリーが見つかります。

どのストーリーが特に刺さるかは、今あなたが持つ葛藤や悩み

置かれた立場や、バックグラウンドによってその時々で変わるはず。。!

人生の新たな選択肢が見えてくる

お探し物は、本ですか?人生ですか?のキャッチコピーの通り

本を読むことで人生の新しい視点、選択肢を見つけることができるストーリー。

ある人は、今ある仕事への捉え方が変わり、仕事に対するモチベーションが変化したり

ある人は、パラレルキャリアという新しい選択肢を知って挑戦したり

ある人は、自分に合う仕事を見つけ、同時に夢を追いかけたり

ある人は、年齢にとらわれず、転職という選択をしたり

ある人は、定年退職後の社会との新しいつながりの形を見つけたり。。。

そうか、人生にはこんなにも自由な選択肢があったんだ。

いつからでも挑戦できるし、いつからでも頑張っていい

制限をかけていたのは、紛れもない自分自身。

けして夢物語ではない、現実的なストーリーの中で、大切なことに気づかせてくれる

自分自身とか重ねずにはいられない、そんな一冊になっています。

一冊の本としても純粋に面白い

学びを得ることが大いにある一冊ですが、純粋に本としてのストーリーも面白く

読んでいくうちに、自分の知り合いだったかな?と思えてくるような

親しみやすく、魅力的な登場人物たちにも愛着が湧き

その登場人物たちが、5つのストーリーの中で交差しながら話が展開していくことで

短編集のようでありながら、大きくて温かい、やさしい世界に連れ込んでくれます。

また本の最後には【作中に出てきた実在する本】の紹介ページがあり

作中に登場した本たちが架空のものではなく、実在する本だったということに感動しました。

5つのストーリーそれぞれで、主人公が出会い、様々な影響をうけていく本たちは

この本読んでみたい!と思わせる魅力的な本ばかり。

それが実在するものということは、この本を読み終わった側から

また新たに読みたい本と出逢えるという、嬉しいおまけ付きでした。

〝お探し物は図書室まで〟まとめ

今回〝お探し物は図書室まで〟を読んで

私自身、過去、現在の置かれた状況と重なって、心に響く瞬間が多々あり

理解してくれる本に出会えた喜びと、自分だけじゃなく

みんなこう言うことに悩んでるんだな、と言う改めての気づきを与えてくれました。

これからもそばに置いておきたい大切な一冊です。

今、人生に悩んでいる方はぜひ一度、手に取ってみてください。

あなたの探し物も、この本を読むことできっと見つかります。

created by Rinker
¥1,760 (2022/05/21 10:40:05時点 楽天市場調べ-詳細)
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログ村ランキングに参加しています。 いつも応援クリックありがとうございます☺︎
asumi
自然と動物が大好きで、日々できる範囲でのやさしい暮らしを心がけているasumiです☺︎
アオイマブログでは『青い地球と今を生きるやさしい暮らし』をテーマに「地球」「動物」「心と身体」にやさしい暮らしと、「3つのやさしいを叶えるプラントベースフード」を中心に発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる