【なんくるない|吉本ばなな】を読んで

PVアクセスランキング にほんブログ村

お久しぶりの更新になりました。

かっちりした記事を書いていたらずいぶん疲れてしまったので(笑)

また、ゆる〜っと、日々のことを綴りたいと思います。

ときどきは、役に立つことも書けるように努めます(^^;

目次

【なんくるない|吉本ばなな】感想

沖縄を舞台に書かれた吉本ばななさんの著書、なんくるない。

ちんぬくじゅうしぃ

足てびち

なんくるない

リッスン

4つのストーリーが収められた本でした。

ばななさんの本を最初に読んだのは『違うことをしないこと』のエッセイ。

そして次にバナナダイアリー。(本ではないですが。ばななさんの言葉が散りばめられた手帳です)

何気に小説を読むのは初でしたが、エッセイと変わらないほどに読みやすく、沖縄の生暖かい、あの独特の空気が感じられる不思議な一冊でした。

生と死、人間の弱さと、不完全さが故の愛しさ、人生の儚くも美しい側面をひしひしと感じられた読書時間。

重いテーマのようでいて、『死』をあえて特別なものとして書かない、当たり前にやってくる、当たり前のこと、普通のこと、という温度感が、人生という大きくて、時に恐ろしくも感じる存在をふわっと包み込んで軽ーくしてくれる。

そんな一冊です。

人生について、身近な存在の生死についてなど、深刻に考えすぎてるかも。

という時に力なってくれる本だと思います。

あと、沖縄が好きな人は、沖縄気分に浸れます。

どっちの意味でも、今の私にはドンピシャの本でした。

ウィスット・ポンニミットさんの絵もたまらなくかわいい。
【中古】なんくるない /新潮社/よしもとばなな(単行本)
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログ村ランキングに参加しています。 いつも応援クリックありがとうございます☺︎
Asumi
自然と動物がだいすきな筆者が楽しみながらエシカルな暮らしを送るなかで、気づきや学び、出来事やアイデアをゆるっと綴っています☺︎
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる