「とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?」|内容・感想

PVアクセスランキング にほんブログ村

フェルミ漫画大学で知ってから気になっていた一冊。

惹かれた理由は、ずばりタイトル!

「とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?」

あ、代わりに聞いていただいてありがとうございます。

そう思わずにはいられないパワーワードなタイトルです。

この本が売れているということは、わたしを筆頭にそんなもやっとした、慢性的な不安や悩み、自分自身への疑問を抱えた人たちが、現代の日本には溢れかえっているということ。。

そんな悩みに、こちらの本が助けになってくれると感じました。

目次

メンタル面の不安がある人には一見の価値あり

メンタル強くしたーい!鋼の心ほしーい!という方はもちろん、メンタルがめちゃくちゃ弱い訳ではないんだけど、、イライラしたり、自己肯定感が低かったり、、なんだか心の持ちようがむずかしい。

仕事や日々がきつい、でも自分の努力が足りないだけな気もするし、、昔はもっとできてたから、ここで甘えちゃいけない気がする。。

そんな思いで日々を過ごしている方には、この本がとってもおすすめ。

大きな気づきがあること間違いなしです。

自身の心と身体が置かれた状況をしっかりと理解し、心の反応の理由を知る。

まずは心身をフラットな状態に戻すべく、今の状況に適した「癒し」「行動」を取り入れ、人間の心についての理解を深め、根本解決へと導いてくれます。

対話形式で挿絵も多めなので、圧がなく読書が苦手な方にも、非常に読みやすい本になっています。

〝どこまでは頑張って、どこから休むべきかわからない”そんな時の判断基準を教えてくれる

この本からは、ハッとするようなマインドの持ち方、素晴らしい思考法も多く知ることができます。

ですがこの本の一番凄いポイントは、エナジードリンク的な自己啓発本に多い「とにかくやれ!」「とにかく休め!」ではない人間の心理に基づいた、自分自身の状況、思考グセの理解とそれに適した行動を知れるということ。

この知識を得ることは、今後自分自身のメンタルの状況を理解し、管理するのに非常に役立ちます。

いわば、自分が自分のメンタル教官になるイメージ。

心の余裕って目に見えないから、自分がまだ頑張っていいのか、休むべきなのか、判断が難しいですよね。

どこまでは勢い(根性)で突っ走っていいのか、どこからはブレーキをかける必要があるのか。

そんな今まで分からなかった〝ライン〟を知ることで、自分自身の心身を守り、うまく付き合うことができるようになる。

この本からはそんな基準を学ぶことができます。

「子供の心の強さ」と「大人の心の強さ」

この本から私が学んだ大サビの部分は、強い心には2種類あるということ。

ひとつは〝子供の心の強さ

もうひとつは〝大人の心の強さ

子供の心の強さとは、我慢強く、忍耐強く、全てを頑張りで克服しようとする〝硬い心〟

対して大人の心の強さとは、一つの考えにしがみつかず、友人のSOSで助けるように自分に対しても接することができる〝柔軟な心〟

じつは鬱で破錠するのは心が弱い人ではなく、心が相当強い人、ということでした。

ここでいう心が相当強い人=子供の心が強い人という訳です。

硬い心は突然ポキンと折れてしまう。

だから柔らかな大人の心を持つことが大切なんですね。

「とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?」感想

決してメンタルが弱い訳じゃない気がするんだけど、なんかダメダメな時がある。

年々メンタルを保つのが難しくなっているように感じる。

そんな私の疑問に的確に答えてくれる一冊でした。

この手の本にはエッセイ的なものと、ワークショップ的なものがあるなかで、この本は完全に後者にあたります。

エッセイ的なものも、共感し心が楽になるという意味でも大好きですが、こういったワークショップ的なものは実践的で、問題の根本解決やマインドチェンジ、一つの指標となり、場合によってはダイレクトに悩みを解決してくれるので、とても心強い教えになると思います。

ご自身のメンタルと向き合い、上手に付き合っていきたいという方は、是非手に取ってみることをおすすめします。

私も何度も繰り返し触れて、自分に浸透させていきたい知識の詰まった本でした。

_φ(・_・
NGショット
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログ村ランキングに参加しています。 いつも応援クリックありがとうございます☺︎
Asumi
自然と動物がだいすきな筆者が楽しみながらエシカルな暮らしを送るなかで、気づきや学び、出来事やアイデアをゆるっと綴っています☺︎
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる